読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

プログラミングとかLinuxとかの備忘録

プログラミング、Linuxでハマった箇所や環境構築のメモ

CentOS7にCLionをインストールする

スポンサーリンク

CentOS7へのCLionのインストール方法
アップデートも同じ方法でできる

ダウンロード

JetBrains CLion — intelligent cross-platform C/C++ IDE
Download Clionからダウンロードする (有料版のみ)
(参考: JetBrainsのIDEをアカデミックライセンスで使用する

インストール

ビルドツールのインストール

$ sudo yum -y install cmake
$ sudo yum -y install gdb
$ sudo yum -y install gcc gcc-c++

ダウンロードしたファイルを解凍

$ tar -xf clion-1.1.1.tar.gz
$ mv clion-1.1.1 /usr/local/clion

初回起動・初期設定

$ cd /usr/local/clion/bin
$ ./clion.sh

アカデミックライセンスを持っているため,Clion License ActivationではJetBrains Accoutを選択し,アカウント情報を入力した
CLion License Activation

初期設定では

  • UI theme: Darcula
  • Configure CMake and debugger:
    • CMake (Use specified): /usr/bin/cmake
    • Debugger (Use specified): /usr/bin/gdb

とした(後はnext連打)

IDEの設定

  • File -> Settings -> Editor -> General -> Appearance
    • Show line numbers
    • Show whitespaces
  • File -> Settings -> Editor -> General -> Code Completion

  • Samba上にプロジェクトを置く場合
    External file changes sync may be slowを表示させないために
    File -> Settings -> Appearance & Behavior -> Notifications -> AppearanceからFile Watcher MessagesNo popupにする