読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

プログラミングとかLinuxとかの備忘録

プログラミング、Linuxでハマった箇所や環境構築のメモ

CentOS7にSambaサーバーをインストールする

Linux CentOS Samba

SELinuxの無効化

有効になっている場合,共有ディレクトリにアクセスできない

$ sudo vi /etc/selinux/config
$ reboot

$ getenforce
Disabled

Sambaのインストール

$ sudo yum -y install samba samba-client

ファイアウォールの設定

$ sudo firewall-cmd --permanent --add-service=samba
$ sudo systemctl restart firewalld

$ sudo firewall-cmd --list-service
dhcpv6-client samba ssh

Samba起動モードの設定

$ sudo vi /etc/sysconfig/samba
SMBDOPTIONS="-D"
NMBDOPTIONS="-D"

設定ファイルの編集

$ sudo vi /etc/samba/smb.conf
...
[global]
        unix charset = UTF-8
        dos charset = CP932
        writable = yes
        guest ok = no
        vfs objects = recycle
        recycle:repository = .recycle
        recycle:keeptree = no
        recycle:touch = yes
        recycle:versions = yes
        recycle:maxsize = 0

# ----------------------- Network-Related Options -------------------------
...
        workgroup = WORKGROUP
        server string = Samba Server Version %v
;       netbios name = MYSERVER
;       interfaces = lo eth0 192.168.12.2/24 192.168.13.2/24
        # 192.168.1.を自分のネットワークに変更する
        hosts allow = 127. 192.168.1.
;       max protocol = SMB2
...
# ----------------------- Standalone Server Options ------------------------
        security = user
...
# --------------------------- Printing Options -----------------------------
         load printers = no
...

共有ディレクトリの追加

$ sudo vi /etc/samba/smb.conf
(ファイル末尾)
[share]
    path = /path/to/share

ファイル作成時のアクセス権の設定を行う場合は

create mask = 0640
directory mask = 0640
force create mode = 0640
force directory mode = 0640

などを追加する

  • create/directory mask 作成したファイル/ディレクトリと指定したアクセス権でAND演算を行った結果が付与されるアクセス権になる
  • force create/directory mode 作成したファイル/ディレクトリがすべて指定したアクセス権になる

Samba起動・自動起動

$ sudo systemctl start smb
$ sudo systemctl start nmb
$ sudo systemctl enable smb
$ sudo systemctl enable nmb

Samba用のユーザー作成

$ sudo smbpasswd -a ${USER_NAME}
New SMB password:
Retype new SMB password:
Added user ${USER_NAME}.

追記

追記1: アクセスが遅い場合

サーバ側のHDDマウントオプションにnoatimeを追加し,最終アクセス時間(atime)を記録しないようにする

$ sudo vi /etc/fstab
...
DISK /MOUNT/POINT ext4 defaults,noatime 0 0

追記2: Unable to connect to CUPS serverが出る

ログファイル(/var/log/samba/log.smbd)に以下のエラーが出力される場合は

Unable to connect to CUPS server localhost:631 - 通信端点が接続されていません

以下のように
;printing = cups

printing = bsd
に変更する

$ sudo vi /etc/samba/smb.conf
# --------------------------- Printing Options -----------------------------
        load printers = no
        cups options = raw

;       printcap name = /etc/printcap
        # obtain a list of printers automatically on UNIX System V systems:
;       printcap name = lpstat
        printing = bsd

追記3: シンボリックリンクリンクへのアクセスを有効化する

[global]セクションに以下の2行を追加し,sambaを再起動する

$ sudo vi /etc/samba/smb.conf
...
[global]
        ...
        wide links = yes
        unix extensions = no