読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

プログラミングとかLinuxとかの備忘録

プログラミング、Linuxでハマった箇所や環境構築のメモ

Raspberry Piを簡易DNSサーバにする

スポンサーリンク

RaspbianをディスプレイなしでインストールするでRaspberryPi2 ModelBにインストールしたRaspbian Jessie Liteを使用した

DNSサーバのインストール

$ sudo apt-get -y install dnsmasq

上位DNSサーバの設定

DNSサーバの設置環境が

WAN - 192.168.11. - 192.168.19. - RaspberryPi (192.168.19.104)

となっているので以下のように上位DNS192.168.11.1に設定する

$ sudo vim /etc/dhcpcd.conf
...
interface eth0
static ip_address=192.168.19.104/24
static routers=192.168.19.1
static domain_name_servers=192.168.11.1

DNSレコードの編集

/etc/hosts内にDNSレコードを追加する

$ sudo vim /etc/hosts

127.0.0.1     localhost
127.0.1.1     raspberrypi

192.168.19.2  HOST1
192.168.19.3  HOST2
...

DNSサーバ起動

$ sudo service dnsmasq restart
$ sudo sysv-rc-conf dnsmasq on

ルータの設定

ルータ(192.168.19.1)がデフォルトで使用するDNSサーバを変更する

Aterm WG1800HP2の場合は
トップページ > 基本設定 > 接続先設定

  • プライマリDNS: 今回作成したDNSサーバのIP
  • セカンダリDNS: 192.168.11.1

と設定した