読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

プログラミングとかLinuxとかの備忘録

プログラミング、Linuxでハマった箇所や環境構築のメモ

debian jessieにsyncthingをインストールする

Linux debian

debian jessie (CUI)にsyncthingをインストールし,syncthingサーバ的に使う

リポジトリの追加

https://apt.syncthing.net/
を参考にリポジトリを追加し,パッケージをインストールする

$ curl -s https://syncthing.net/release-key.txt | sudo apt-key add -
$ echo "deb https://apt.syncthing.net/ syncthing stable" | sudo tee /etc/apt/sources.list.d/syncthing.list

$ sudo aptitude update
$ sudo aptitude -y install syncthing syncthing-inotify

メソッドドライバ/usr/lib/apt/methods/httpsが見つかりません

と言われる場合,下のパッケージを追加してhttpsを使用できるようにする

$ sudo aptitude -y install apt-transport-https

初期設定

syncthingを使用するユーザ権限で起動する

$ syncthing
(省略)
[V37P3] 12:53:37 INFO: Detected 0 NAT devices
[V37P3] 12:53:48 INFO: Joined relay relay://111.221.44.148:17607

Ctrl+Cで停止し,生成された設定ファイル~/.config/syncthing/config.xmlを編集する

外部からWebUIにアクセスする

26行目あたりのにある
>address<127.0.0.1:8384>/address<をサーバのIPに変更する

ファイアウォールを使用している場合は,ポートを開放する

$ sudo firewall-cmd --add-port=8384/tcp --zone=public --permanent

systemdを使用して実行する

Starting Syncthing Automatically — Syncthing v0.14 documentation
を参考に設定する

ユーザ名がhogeの場合

$ curl -o syncthing@.service https://raw.githubusercontent.com/syncthing/syncthing/master/etc/linux-systemd/system/syncthing%40.service
$ mv syncthing@.service /etc/systemd/system/syncthing@hoge.service

$ systemctl restart syncthing@hoge
$ systemctl enable syncthing@hoge

これでシステム起動時にも自動でサービスが起動する