読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

プログラミングとかLinuxとかの備忘録

プログラミング、Linuxでハマった箇所や環境構築のメモ

cronの使い方

Linux

cronの使い方

$ crontab [オプション]
option description
-u 対象のユーザー名
-l crontabの内容を表示
-r crontabの内容を削除
-e crontabの内容を編集
-i -rと同時に指定すると削除の確認を行う

crontabの編集方法

$ crontab -e

とすると,エディタでcrontabの内容を編集できるので
以下のフォーマットで追加する

分 時 日 月 曜日 実行コマンド

各パラメータの範囲は以下の通り

value 範囲
0 ~ 59
0 ~ 23
1 ~ 31
1 ~ 12
曜日 0 ~ 7 (0,7は日曜日)

各パラメータは以下の5種類の方法で指定できる

type value description
全範囲 * 日に指定した場合,毎日
間隔 */10 分に指定した場合,10分間隔に実行
範囲 1-5 月に指定した場合,1,2,3,4,5月に実行
リスト 0,10,20 分に指定した場合,0,10,20分に実行
共存 1,5,9-11 時に指定した場合,1,5,9,10,11時に実行
広告を非表示にする